上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://gyauza.egoism.jp/wow/blog_iso6/archives/2007/10/teamspeak2.html
参照

クライアントソフトの入手
http://www.goteamspeak.com/?page=downloadsに行って、WindowsのTeamSpeak 2 ClientをDownload


①ConnectionタブをClick
②各種設定 (コピペして下さい)

Label >>> Mockingbird
Server Addres >>> famas.himitsukichi.com:8768
Nickname >>> 自分の名前
左のAnonymousを選ぶ
ServerPassword >>> uytrewq
(keyboardのu~qまでってこと)
Auto-Reconnectのチェック
Default channel >>> 00-MB
Channel Password >>> 現GLになってるHunterの豚の名前


マイクとスピーカーの設定 (上記URLのコピペ)

ここから先も、秘密基地さんによるガイドが一番分かりやすいと思いますので補足的なことを書きます。
http://games.himitsukichi.com/of/jsp/playfield/voicechat.jsp

Settings > Sound Input/Outputの項目を適宜いじります。
Output VolumeはTSから流れてくる音量なので、他のアプリケーションの音レベルと相談して
聞き取りやすい所をさがします。

Voice Activation Levelは、マイクがどの位の音の大きさを拾った時にONとなるかの調整です。
右のShoutに寄せるほど、大きな音量にしか反応せず
左のWhisperへと寄せると、周囲の雑音に反応してマイクがONになってしまったりします。

Voice Activation Levelは、Push to Talk設定にした時マイクと無関係のものとなります。

これらのマイク入力設定は、Active Local Testで他人に迷惑をかけることなくじっくりとテストすることが出来ます。

スピーカーはTSでも設定できましたが、マイクの入力音量はWindowsの方で調整するしかありません。



自分の声がハウリングしたり、しゃべれない環境にあるのでOFFにしたい人

物理的にマイクをひっこぬく

接続後、タブのSelfを選びMute Microphoneを選ぶ(一番確実)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 == MOCKINGBIRD == all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。